女性がはまるキックボクシング。ジム通いを続けるコツとは。 ― スポーツをライフスタイルに ―

11/23/2017

 

CRAFTホームページではアスリートや、スポーツ愛好家の方々にインタビューを行い、スポーツに取り組むきっかけや、継続するための情報提供を行う記事を掲載していきます。

 

今回お話を伺ったのは大阪なんばにあるRefinas fitness studio稲井代表。普段あまり聞くことができないキックボクシングジムでのトレーニング内容やジムに通い続けるコツなどをインタビューしました。

 

代表・稲井 祥平

証券会社を退職後、10年間のキックボクシング経験を活かし2017年9月キックボクシングフィットネススタジオRefinasを設立。

Refinas fitness studio

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1-10-10 AUSビルB1F

https://refinas.jp/

 

 

 

― 証券会社勤務時には忙しい合間をぬってジムに通っていたとのことですが、どのようにトレーニングを続けていたのですか?

 

週末の休みを利用してキックボクシングのジムと筋トレ用のジムを週に1回か2回利用していました。ただ、会社に勤めている間は平日あまり通うことができませんでした。

続けることができたのは、そこに自分が所属したいと思うコミュニティがあったからだと思います。会社では接することのないような方とも交流があるということがモチベーションに繋がりましたね。

 

 

― なぜキックボクシングジムという形態を選ばれたのですか?

 

 

キックボクシンに限らず、“人の集まる場所を創りたい”というのが第一にあります。そこで自分の経験を活かすことのできるキックボクシングという形態を選びました。

 

キックボクシングジムは会員様同士一緒にトレーニングを行うことがあるので、初めての方でもコミュニケーションがうまれるのが特徴です。いろんな業界の方が集まるので様々な情報交換をすることができて、トレーニングをしなくても通いたくなる場所になると思っています。

 

 

― コミュニケーションがうまれるという点がジム通いを続けやすくすることに繋がるのでしょうか?

 

もちろん一人で黙々とトレーニングに打ち込むことができる方もいます。しかし私自身もそうでしたがあそこにいけば面白い人に会うことができると思うとジムに行くモチベーションに繋がります。そこで新たなコミュニティがうまれるとトレーニングも継続しやすくなりますね。

 

 

― どのようにしてジム内ではコミュニケーションが生まれるのでしょうか?

 

一般のジムでは、トレーナーの方以外とのコミュニケーションをとる機会があまりありません。一方キックボクシグジムでは会員様同士でミット打ち等を行う機会があり、必然的にコミュニケーションがうまれます。

 

 

― ミット打ちをしたいなと自分は思っていても相手を探すのは難しくないですか?

 

参加しやすいようにRefinasのトレーナーがサポートします。3,4回通い、ある程度フォームができてくれば初心者の方も参加できるよう声をかけるので心配いりませんよ。またイベントなどを通して会員様同士仲良くなる機会もあります。

 

 

― Refinasではバーベキューなどのイベントを企画されていますね。

 

違う時間帯に通っている人とも仲良くなっていただきたいのでそのような企画も行っています。また会員様からも是非企画してほしいという声があったので今後も継続していこうと思います。

 

 

― 会員の方同士仲良くなれるのは素晴らしいですね。しかし一方でキックボクシングは敷居が高いイメージがあるのですが。

 

意外かもしれませんがRefinasの会員様の過半数は女性です。フィットネスとして優れたスポーツなのでバランスの良いスタイルを作りたい方にどんどん取り入れられています。

みなさん最初はトレーナーとフォームの確認を行いながらトレーニングをスタートしますが、数回来た後は一人でサンドバックを叩くなど、トレーニングに励んでいます。

 

 

― 意外と始めやすいフィットネスということですね?

 

そうですね。シューズは必要ではなく、動きやすい服装であれば、必要なのはグローブ一つだけなので始めやすいと思います。

 

 

― キックボクシングジムのイメージが変わったように思います。本日はありがとうございました。

 

選手の技術向上のためのジムもありますし、それはそれでとても良い物だと思います。一方でフィットネスとしても取り入れやすいというイメージがもっと広まり、世の中の多くの方にキックボクシングの良さが伝わっていけば良いですね。

 

 

キックボクシングは普段使わない筋肉を使うので、全身をバランス良くシェイプアップするのに向いています。また会員同士コミュニケーションがとれるというのは、ジム通いを楽しくするポイントかもしれません。

 

これまでジムでのトレーニングが続かなかった、これからトレーニングを始めてみたいという人はキックボクシングを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャル
  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

Brand Menu    

Product Category     

​会社情報     

 ©2017 Momose Corporation

​株式会社百瀬製作所 スポーツ事業部 東京支店

​東京都千代田区東神田3-6-7大野ビル2F

Shop List